外資系戦略コンサルで5年ちょっと働いた後、社費でRoss(Michigan MBA)に留学した悪ガキによるお気楽日記。もはや自分のための備忘録Blogと化しています。気楽な気分でお読みください


by rocky-ross

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Class
Life in Ann Arbor
MAP
Entrepreneur
他Business
Sports
ワイン造り
旅行
遊び
未分類

以前の記事

2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

フォロー中のブログ

アナーバー日和

外部リンク

メモ帳

最新のトラックバック

今のアメリカ
from Anything Story

最新の記事

終わりと言っておきながら
at 2013-03-28 17:09
本Blogをご覧いただきあり..
at 2013-03-18 18:01
嫁のお買い物+バスケ
at 2013-03-03 22:35
嫁の友人&お子さんいらっしゃる
at 2013-03-02 22:17
WinterA終了~
at 2013-03-01 23:25

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ベースボールでの熱狂の裏に見えたもの

○今日は13時プレイボールのDetroit Tigers VS Angelsの試合を見てきました
d0250459_716584.jpg
試合自体は3-2で地元のTigersが勝利をおさめ、満足。

ただ、8回1アウトまでノーヒットノーランペースだったので、それが達成できずに残念。。。

MLBのゲームはヤンキースタジアムで2回ほど生で試合は見たことがあるのだが、このTigersのホームスタジアムはまた違う雰囲気があっていいっちゃいいね








○ただ、この試合でのスタジアム内外でアメリカ、というかデトロイトの状況を如実に感じる状況もありました

①スタジアム内の観客の大半が白人
-デトロイト自体は白人の数がめっちゃ多いというわけでもないだろうに、周りには白人しかいないに等しい状況。黒人等は日雇い労働などに従事することが多く、ベースボールを見に行く金銭的/時間的余裕が少ないのだろう、それが現実なのだろうと思ってしまった


②デトロイトという街の荒廃具合
d0250459_7243553.jpg

ご存知のように、デトロイトはGMなどの本社もある「車の街」です。そして、リーマンショック、その後の業績低迷に伴い、多くの労働者を解雇する形になったのも事実です

実際に、スタジアムから車で5分くらい走ると、もはや住人をなくした家、取り壊しもされず放置された元ホテルなど「アメリカの負の部分」を見た気がしました
そもそも治安がいいという街ではなかったらしいですが、ここにきて少し悪化している模様
高速飛ばして車で40分ほどのAnn Arborと比べて、あまりにも雰囲気が違うので如実に違いを感じます
「夜のDetroitでは赤信号でも止まるな」という冗談もありますが、なんとなくわかる気がします


こういった惨状を打開すべく、Detroitとしても車産業の復活、新エネ関連の新産業誘致などに力を入れているようですが、それが本当にこの先10年の良い手立てなんでしょうか???

車というものも、今後10~20年でガソリン車からEVへの変化の流れは避けられないでしょう
しかし、EVにreplaceした場合、部品の数はガソリン車の1/3とも言われています。下請け企業の数も減りうるという産業構造自体の変化の中で、「車の街」というだけでは生き残りは難しいでしょう
また、現時点ではEVのコア技術/重要部分はOEM(車メーカー)ではなく、電池メーカーが握っています。OEMも電池メーカーとのアライアンスなどで抱き込みを図っていますが、それもどうなることか
そもそもガソリン車でもモジュール化が進む中、Tier1メーカーの力も強くなってきてたのに

また、そういった流れ+新エネという流れでは確実にカリフォルニア州が先行しているという認識です
EVベンチャーTeslaの工場誘致に始まり、ほっといてもシリコンバレーからこういうStart-up系に金の集まる風土だもんね



でも、これってDetroitの話と他人事にしてるのもへんな気がする。
だって、日本の産業構造って結構似てますよね?
(もちろん考えてはいるだろうけど、)今の円高利用して、海外資産の買収も含めて検討せにゃのう。
まぁ政治がこれでは、、、、
けど、日本をなんとかしたいねぇ

よし、メシ食ってこよう
[PR]
by rocky-ross | 2011-07-31 18:15 | 他Business

今日は(も?)Party

○今日は朝9:48スタートでゴルフ。
スコアは105でまずまず。

今回から本格的に新しいアイアンとボールを使いはじめた。
正直、距離感覚がまだ微妙で、例えばちょっとだけ打ち下ろしだったので、ピッチングでちょうどかなと思った125ヤードPar3でグリーンを大きくオーバー。。。
予想以上に飛んで、逆にありがた迷惑。。。
Sだと100ヤードくらいが限界だし、俺にはそんな100ヤード強の距離を、自分の力加減で調節できるほど腕はないぞ。。。かといって、クラブのラインナップを更にそろえるのもお金かかるからいや。。。どうしよう。。。

ただ、アプローチをもうちょっとなんとかすればもう少しゴルフになるはず
あと、注文してるドライバーとパターがきたらもっと良くなる???
もう1、2回回るうちに100をきりたいところ(今度はもっと簡単なコースでチャレンジだな)



○その後、Bin(中国人、けどニュージーランドに住んでるのが長くて、やたらYou knowとMenを使うおもろいやつ)の家で飲み会
d0250459_1362161.jpg

 ちなみに、この写真の直後、調子に乗ったDongyub(韓国人)がビール瓶を倒して割ります(笑)

 得意の被り物で盛り上げたつもり。ただ、盛り上げ役に徹しすぎた結果、自分の手元に一枚も写真がない。。。これ、日本でもアメリカでもやってることが本当に一緒。。。

 そのうち、皆FacebookにUpすると思うので、そのうちこちらにもUpします~♪
 あ、写真きた。。。やっぱり馬かぶってるのって日本のときとやってることが変わらない。。。
 でも、みんな楽しそうだからいいや~♪

d0250459_134481.jpg

[PR]
by rocky-ross | 2011-07-30 23:24 | 遊び

今日はPotluck party

○今日はSummer schoolでPotluck partyが企画され、参加してきました
d0250459_21434579.jpg

Potluckとは、各自が料理を持ち寄り、皆でわいわい言いながら料理を食べるパーティーのこと
Summer schoolの参加者の国籍は多岐に渡るので、持ち寄られた料理もさまざまで面白かった

手前にはペルー人が持ってきたポテトに変なソース乗っけたもの。
その後ろはわが日本のチラシ寿司とおにぎり(これはAkira、Takeshi奥さんsによる力作で評判もすこぶるよかった)
その後ろには韓国からキムチ、チジミ、春雨みたいなやつ(名前をど忘れした)
で、写真にはうつってないけど、台湾、中国、イスラエル、ロシア、ブラジルなどからもメシ登場

特にブラジルの豆料理(ゼンザイっぽい見た目だが、全く甘くなく、辛くもなく、なんと表現していいか。。。)は面白かった。というか
SK(韓国人)「Rocky、これ試してみろよ。Lucasが持ってきたやつだぜ」
Rocky   「うおー、これまたすごい見た目やな。ちょっとTryしてみるわ。う~ん、言葉で表現しづらい。
         お前もいってみろよ」
SK      「よし、わかった。・・・うーんRocky、これは確かにNew tasteだ」
と、まぁこういう場面もあるわけです。
ちなみに、ペルー人は「やべー、ペルーの料理にも似たようなやつある!」と興奮してました



で、お前は何を持っていったのかって?
私は、スルメと柿ピーとおーいお茶持って行きました。
アジア人はスルメはみたことあるらしく、
「これ、ビールのパートナーだろ。Rocky、お前ただ飲みたいからこれ買ってきたんじゃないのか?」
という反応。一方、スルメなんかみたことないアジア以外の人は不思議そうな眼差しで見てましたね

まぁ、こういう会もいいもんだ。


ってか、このパーティーの後半に、みんなでStreetFighterの話で盛り上がったのはなぜだろうか。。。
「Hado-ken」「Sho-ryu-ken」「あの火ふくやつ名前なんだっけ?」とか懐かしすぎ。
あれって世界中でプレーされてたんだと、日本がゲーム大国であることを改めて感じました
[PR]
by rocky-ross | 2011-07-29 23:39 | Class

グダグダに遊んだ一日

○こちら、午後の授業が突然自由学習になり、グダグダなグループミーティングをやる仲間たち

d0250459_1343189.jpg




○その後、Takeshiの嫁さんのAnn ArborいらっしゃいParty
 多国籍料理屋にいって、8人でワイン5本あけたんだが、結構メシもワインもうまかった

 個人的にはZinfandelというぶどうの種類を全くしらなかったので、薦められて飲んでみたのだがこれもかなりイケた。
 まだまだワインは不勉強です
d0250459_13435120.jpg




○そして、2次会は2年生の先輩も行ったことがないというKaraoke屋
d0250459_13474194.jpg
 外装はむちゃくちゃで全員が「おいおいこれほんまに大丈夫か」という感じやったけど、内装は結構きれいなうえ、一部屋30$/hourということで結構な人数で行くと相当割安感満載。
 ちなみに、韓国人がオーナーらしく、中国や日本の歌も結構はいってた。

 これ、韓国人とか中国人のやつらと一緒に来ても楽しめるな。と新たな遊び場を発見した感じ。
 ちなみに、家から車で1分くらいのところにボーリングもあるので今度行ってみよう

 本当に、遊び、メシの観点でいい意味でAnn Arborは期待を裏切ってくれている感じ
 カラオケとかボーリングとか、冬場もできるしね
[PR]
by rocky-ross | 2011-07-28 23:40 | 遊び

自分が何をするためにRossに来たのか

○将来のアントレに向けて

d0250459_1215784.jpg


Summer SchoolのAssignmentが山積なのに、Start-up関連の本を読んだり、ネットサーフィンをしてしまった。
たいてい、こういうときはなんか興奮して寝られなくなる

http://www.fastcompany.com/node/28223/print
こちら、世界でもっとも有名なVCのひとつと言ってもいいクライナーパーキンスのパートナーの”Start-up manual”
クライナーパーキンスは、グーグル、アマゾン、インテュイット、サン・マイクロシステムズなどの投資で知られ(そりゃ細かく言えばもっとあるが)、AmazonだかGoogleでは投資額が何万倍かになったとか言ってた気がする

その中の一節、
”Great leaders are great communicators. They have incredible integrity: they're usually the first to recognize problems. They're ruthlessly, absolutely intellectually honest. They are great recruiters: They're always building their network of talented people. And they're great sales executives: They're always selling the value proposition of the enterprise.”
そんなリーダー目指してます。

最終的にアントレプレナーを目指すなら今すぐにやれという人もいるし、そういうMBAもある。
でも、個人的にはそんないきなりやって世界にインパクトを与えられるほどの才能には恵まれていないと思っている
自分が大学で投資クラブをやって本書いたり、テレビでて喜んでる程度、かつ某ベンチャー(後に日本を騒がすことになる)でインターンをやってるだけで楽しんじゃってる程度のときに、周りには自分で既にビジネスを立ち上げたり、上の写真にあるような既に億万長者になっちゃってるやつもいるわけです
(ちなみにFacebook創業者のマークザッカーバーグと、クライナーのJohn Doerrパートナーです。さらにちなみに、写真は当然私がとったのではなく、ネットから拝借してます)

正直、悔しい。早く追いつきたい。でも自分にはそれを成し遂げる能力やアイデアが現時点でない。
だから修行をしないといけない。
・コンサルでは自分の会社が一定程度の大きさ以上になったときのマネジメントの勉強
 -ここでStart-upの何かが学べるというよりも、絶対に売上100億とか従業員1000人とかに成長した時点でマネジメントが変わるので、そこを知っていないとインパクトを出せる企業に成長しない
・Rossではリーダーシップ
 -Start-upに必要な人材確保/その力のシナジーをうまく出し切れる能力強化
 -大きな企業になってもカリスマ性を保てる能力、そして次の世代にもうけつげる能力
  (投資クラブではこの受け継ぎを失敗したと思っている)
・アイデアの醸成 in U.S.A.
-これはRossが一定程度与えてくれるかもしれないが(ベンチャーと交わる機会も結構もてる)、これは自分で考え、自分でその場を見つける必要があるのだろう(インターン募集なんて書いてある企業よりも、自分で乗り込んでいって、「使ってください」って方がいい。大学時代の某ベンチャーもそうだった)

うわー、いっぱいやることある~
純粋に英語力も強化せなあかんし(笑)

回り道のようにみえて、実はそうではないと自分では信じています
「山にいかに早く登るかが重要ではない、いかに高い山に登るかが重要なのだ」
誰の言葉かは知らないが、本当にそう思う。

リタイアする瞬間に「オレは○○を成し遂げた。これは誰にも負けない」と言いたいね

あぁ~、やばい明日のグループミーティングの資料まだ作ってない。。。
資料ちゃっちゃと作ってなんかまたビジネスモデル考えよ~っと
[PR]
by rocky-ross | 2011-07-27 22:59 | Entrepreneur

新しいことをするのはいいことだ

○何事も新たなことをするのは勇気が必要で、かつわけがわからないもの。
学生時代も職場でもできるだけ新しいことにチャレンジしようとしてきたなぁ

で、今日はそれに比べるとだいぶレベルは低いけど、新しいこと2つしてきました

d0250459_111471.jpg①Michigan州の運転免許の筆記試験受験
これ、筆記試験自体はめちゃくちゃ簡単で、過去問さえ手にいれれば問題はそのまんま
なんか中学校の小テストかって感じのため、50点満点でパスしてきました(40点で合格)

ってか、これは試験自体というよりも、試験を受けるまでの資料集めのほうがめんどくさい
日本の免許証の翻訳(国際免許証ではダメ)、Letter of Ineligibilityの獲得(学生でSocial security numberがないため必要)という特にこの2つが面倒。。。

まぁ、これをパスしたのであとは実地試験うけるだけ~

ちなみに国際免許証があれば運転はできるんだけど、ミシガン州の免許証がないと保険料が高くなったり、いちいちお酒飲むためにパスポートを持参しないとダメなので面倒なため、取得の必要があるわけです
(保険料が変わらない場合でも、保険会社から早くとるように言われます)




②ガソリン入れ
これまたレベルの低い話だが、人生で初めて車のガソリン入れてきました。。。
車の右側に給油口あるのに、最初左にあると勘違いして、車とめてから「あちゃ~」って恥をかいたり、
「何?これ、どこまでどう差し込んで、どこおせばいいの?」とガソリンの給油の仕方も知らず大変でした。

そこで、なんとClass of 2012の絶対神ことShuさんが偶然同じガソリンスタンドに登場
(ってか、Ann Arborにも無数にあるガソリンスタンドの中でたまたま会うってすごい確率。。。)

結果、全て解決。さすが絶対神。
(我らClass of 2013がAnn Arbor到着後、生活スタートアップを全て手伝ってくれ、皆からあがめられています。最初って車がないうえ、銀行/携帯ストア/家具屋などなどどこにあるかもわからんので非常に助かった)




○昨日洗車したのに、、、今日雨が降った。。。
 昨日の努力が水の泡。。。あぁ~





○晩飯はRandyと一緒に韓国料理屋へ
 d0250459_10574636.jpg「メシはどうにもならなさそー」と思ってたAnn Arbor生活ですが、意外とメシには満足しています

特に韓国/中華関連の飯屋は味/店数的にも十分だし(しかも安い)、日本的な料理(例えば鍋とか)も具材はアジア系のスーパーでそろうので、意外や意外、十分です
日本料理の店はまだそんなに試してないので今後そこにチャレンジしてみてどうかって感じかな
[PR]
by rocky-ross | 2011-07-27 21:35 | Life in Ann Arbor

こんなゴルフ場もあるのね。。。

○本日は授業後に、新しいアイアン(アメリカで購入)をとりに行き、その勢いでゴルフへ

 d0250459_1237860.jpg
Stonebridgeという場所だったんだが、そもそもナビに従い車で進んでいくと、すごい住宅街に突入。
ん?でも、一時停止の標識のところからゴルフカートが出てきた。。。

なんとまぁ、写真でご覧のとおりゴルフ場と住宅街が完全に一体化してます。
こんなコース、「みんなのゴルフ」とかでなかったっけ?と思うくらい、ゲームの世界。。。
まさか現実にあるとは。。。
ちょっとラフにボールいくと、すぐ横にブランコとか車置いてあるし。。。

このデベロッパーは何を考えてこういうコースと街を作ったんだろうか?
これってやっぱりコースが先にあってその後に家建てたのか?いやいや、意外にも家が数件建ってたところにむりやりコースぶち抜いたのか?
このコースの脇の家って割安なんだろうか?
ガラスは割れたら家主負担なのか、デベロッパー負担なのか、ゴルファー負担なのか?
考えればきりがないね、、、




○初めて洗車しました・・・自分で
d0250459_12443992.jpg
40$くらいで洗車グッズ一式(これ+スポンジ系がついてる)買ってみたんだが、数が多すぎてわけわからん。。。
車のシャンプー用、最後の仕上げ用、シャンプーと仕上げの間に使う用、内装用、、、、、

結局、車のシャンプー用と仕上げだけやって今日は終えました

今まで「なんで洗車とかにわざわざ時間かけるんだろう。車好きの人ってよくわからんな」と、一切車を保有したことがなかった私は思っていたのですが、いざ購入し、毎日乗っていると愛着わく。。。
自分の手で洗い始めたら余計に愛着わく。。。
2年後にこの車を手放すときに結構寂しい思いするのかなぁ

人間って不思議なものです
[PR]
by rocky-ross | 2011-07-26 23:35 | Life in Ann Arbor

Summer Schoolの課題が学生インターンみたい

d0250459_95113.jpg
Rossの7週間のSummer schoolは、Pre-MBA的な要素が強く、グループで1つの企業に対しての改善プランを練るという課題を5人1チームで取り組んだりさせられます

うちのチームはモロッコ人、ロシア人、ニュージーランドにずっと住んでる中国人、純中国人、私の5人で、RedboxというDVDレンタル屋を担当しています
ネット全盛のこの時代にDVDレンタルなんて。。。と思っていたのですが、意外や意外、このマクドナルドの子会社として誕生したこの企業、スーパー、ガソリンスタンドなどLeading retailerの店舗にKiosk(全米3万箇所)をおくことで業界2位のポジションを築いています
自社店舗を必要とせずコストを最大限削ることで1日1ドルという低価格を実現し、今ではGameも1日2ドルで貸し出しています

これ、当然課題として、Consumerにインタビューして状況を探って来い的なものも出たりするわけです。
なんか、短期間でこういうのに答えだすって、完全にうちの学生インターンと同じノリやん。。。
まぁ、インタビューすりゃ結局主婦とか、PC持ってない低所得者層がメインの客だってよくわかるし、他のセグメントとろうとしたらそりゃまぁストリーミング/Mailingサービスやらんとねってわかるんだが、まぁインタビューやんなくてもそれくらいの仮説でるわな。
(最初にコンサル的なQuestionnare書いたら、「Summe schoolの課題なので、ここまで深いのいらん」って言われたので、簡単にすました。。。)

で、今日はコンサルにおけるこのインタビューの重要性について
詳細な説明は省くとして、コンサルにおいてもインタビューは頻繁に実施します。BtoCはもちろんのこと、BtoBでももちろん。
(私の場合は)

なんでそれが重要かというと、「仮説を作るのに最適だから」です
コンサルはいつもデータをいじくりまくって、答えを出すと思われてる方も多いのですが、そのやり方ではいくら時間があっても足りません。インタビューで現場の声を拾い、「Down to earth」な目線で仮説を構築してからデータで証明しにいくのが順序なんです。

まぁ、その仮説もクライアントが知ってるレベルのものを出しても全く付加価値ゼロなので、結構大変なことは大変ですが。。。

このインタビュー、たかがインタビューなんですが、本当に技量に差が出ます
同じ30分のインタビューでも、「そこまで引き出すかぁ」的に関心する人もいれば、「んなもん本読めばわかるよ」的な人までさまざま。
また、インタビューもプロジェクトの状況に応じて聞く内容、聞き方を大きく変えます。
具体的には①仮説構築前の情報収集 ②仮説構築 ③仮説検証の3つで大きく変えます

インタビューへの移動中とかによくインタビューについて上司に突っ込まれたり、逆に3年目くらいからは下についた人をつめたりしてたなぁ。なんか最近までやってたことが懐かしく思えてきた



○と、現状ではグループワークをやっていても、これこうやりゃいいじゃんと思うことは多々あり、
InterviewのQuestionnareをその場でどばっと書いてしまったり、「これ空パック」とプレゼンのスライドの概要書いてしまったり、顧客セグメンテーションのグラフ書いてしまったりしてます

自分では英語の問題もあり、これを全て口頭で納得させることはできないため、「モノ」をその場で書き、それをつたない英語で説明することでチームへ貢献しようとしています。そういった物事の枠組みを考えることに皆なれていない分、私としては貢献しやすいわけです
で、実際に、私がモノを出せば「よし、それでいこう」と納得してくれミーティングはすぐに終わるので効率的ではあるのです

ただ、受験時代にお世話になったMBAカウンセラー(「ねーちゃん」と呼んで慕い、いまだにSkypeでよく話す)と話していると
「あんた、なんでRossいったん!コンサル修行しにいったんちゃうやろ。んなもん帰ってきてから会社でやり!あんたがいきなり答えだしたら他の子が成長する機会失ってまうやろ!Ross行ったんは、将来のキャリアゴールにむかってリーダーシップ・ひいては組織をどう動かすべきかじっくり学ぶためやろ!あんたが人をぐいぐいひっぱるリーダーシップもっとるのは十分わかっとるが、それだけでは組織は動かんやろ。そういうあんたの弱いところを伸ばすのにRossは最適、その領域はRossは世界でトップや!」
「はい、ねーちゃん。。。」
ということで、Summer schoolはこのやり方でいいとしても、学期がちゃんと始まったときにどうグループワークに貢献していくか、試行錯誤は続きそうです。。。



○真面目のあとのお茶濁し  
 20:30でこんなに明るいの~
 だから授業の後にもゴルフできたりするの~♪(今週も課題の山が片付いたらゴルフいきたい~)d0250459_10543235.jpg
[PR]
by rocky-ross | 2011-07-25 20:48 | Class

Air Show

○本日は午後からAir Showを見に行きました

 d0250459_1281287.jpg
なかなかの大盛況で1万人以上入ってたのかな?と勝手に推測してます
すっごい暑かったけどねぇ。。。


d0250459_129528.jpg
序盤では、「Japanese Zero」とアナウンスされてたから何かと思えばいわゆる「零戦」も登場
まぁ、このデモではアメリカ航空機に撃墜される役回りを演じてたけどね。。。


d0250459_1212102.jpg
しかし、最後に出てきた「Blue Angels」はさすがにすごかった
そのスピード感、「おー、そこまで近づくんかい」的驚き、爆音、どれをとっても、「おー、来年の新入生つれてきてあげよー」と思った感じでしたね

で、ちょっと計算。1人入場料30ドル×1万人(予想)×2日間=60万ドル≒5000万円
感覚的にはAir showの経費、燃料代などを考えるとPayしてる感じはしない。
むしろ、普段の活動をアピールするPromotion的要素と、将来のRecruiting活動的な要素が強いのだろう。
実際、Showが終わってから、特に子供たち中心にBlue Angelsの紹介パンフみたいなのをタダで配ってたし(どさくさにまぎれて、俺ももらったけど 笑)





○Tour de France 2011も終了
エバンス涙の初ツール制覇、カブの初ポイント賞獲得、アルカンシェアルのステージ2勝、相次ぐ落車による有力勢の離脱(特にヴィノクロフの引退は感慨深い)、コンタドールの苦悩、あらゆる意味で今年も楽しませてもらいました。

d0250459_1227924.jpg


今度はブエルタ!レディオシャック、ヨーロッパカーも参加するので、Fumi、Yukiyaの参戦/活躍を期待したい。特にFumiは参戦となれば、グランツールを日本チャンピオンジャージで走ることになるので、非常に楽しみ!
[PR]
by rocky-ross | 2011-07-24 22:50 | Life in Ann Arbor

カデルエヴァンスおめでとう

○今日で実質的なTour de France 2011の総合優勝が決定


d0250459_12205299.jpg
2位の男の名前を返上し、ついに頂点へ。
2位しか取れなかったときや、サイエンスロット時代後半のチームとゴタゴタしてたときもあったけど、去年のアルカンシェルといい、今年のツール制覇といい、やっと報われた気がしますね

いや、こういうところがスポーツのいいところ。涙うるうるです






○と、そういうシーンのあとに、車のナンバープレート(これまだ仮のやつ)ゲットと、車の中での電話をハンズフリー対応にするためディーラーへ

d0250459_12311030.jpg


その後、ふたつのグループミーティング。。。。あぁ。。。
[PR]
by rocky-ross | 2011-07-23 23:19 | 遊び