外資系戦略コンサルで5年ちょっと働いた後、社費でRoss(Michigan MBA)に留学した悪ガキによるお気楽日記。もはや自分のための備忘録Blogと化しています。気楽な気分でお読みください


by rocky-ross

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Class
Life in Ann Arbor
MAP
Entrepreneur
他Business
Sports
ワイン造り
旅行
遊び
未分類

以前の記事

2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

フォロー中のブログ

アナーバー日和

外部リンク

メモ帳

最新のトラックバック

今のアメリカ
from Anything Story

最新の記事

終わりと言っておきながら
at 2013-03-28 17:09
本Blogをご覧いただきあり..
at 2013-03-18 18:01
嫁のお買い物+バスケ
at 2013-03-03 22:35
嫁の友人&お子さんいらっしゃる
at 2013-03-02 22:17
WinterA終了~
at 2013-03-01 23:25

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:Class( 36 )

はは~、次はカモってやったぞ~

●またしても、Negotiationの授業について。
今回はClass Topの点数をGet!

Negotiationに点数が振られてて、それが成績にリンクするのはこの2つのみ
(あとはそれをもとにしたReportやクラスでの発言が成績に加味される)

この2つでクラス最下位とトップをとるという、なんとも華々しく、しかし意味のない。。。
当然、上でも、下でも目立った例は、クラスで例として皆の前でいじられるわけで。。。
(この時、どういう意図でこうした?とか)


まぁ、前回のアメリカ人にボコボコにカモられたのが学びになってたな。
(ちなみに、このアメリカ人、今回も俺の次の2位だった)
今回、私の相手はアメリカ育ちのロシア人でございました



●今回のTopicはRecruiter vs Candidate (要は、会社人事で採用する側、される側)
採用が決まった前提で、給料、ボーナス、勤務地、配属先、引越し代補助、有給日数などなどいろんな要素をNegotiationで決めます。

各項目ごとに点数が決められており、都度自分の点数がわかります
逆に、相手がどういう項目が点数が高いとかいうのは一切わかりません。
お互いWin-winになりながら、自分の点数を稼ぐにはどうするかを考えるわけでごわす

まぁ、普段の予習の負担は少ないし、その割りに意外とTakeawayはあっていい授業ですな。
必然的にいっぱいしゃべることになるし、こういうNegotiationの時にアメリカ人がどういう表現使うかも勉強になるので、英語の勉強にもいいです


とまぁ、久しぶりにまじめっぽく書いてみた
[PR]
by rocky-ross | 2012-11-26 23:43 | Class

いやぁ、見事にカモられたね

●今学期は、Michigan大学のお得意MO(Management Organization)の授業のひとつであるNegotiationをとってます

その名の通り、毎授業で交渉相手がランダムに決められ、BuyerとSellerに分かれて1時間ほど交渉、その後1時間弱、クラス全体でBriefingとなります
各BackgroundやRoleは、その場で与えられ15~20分準備して交渉を行うこともあれば、事前に前の授業のときにAssignされ事前準備を家でやってこいというのもあります。

で、今回は事前準備ありのパターン。
今までの4回は基本的に、結構いい感じでやってきてて、「おっ、おれGood Negotiator~♪」とか思ってました。

でも、今回、クラス40人くらい(つまり20組くらいNegotiationのペアはある)の中で、ダントツ最下位ってくらいカモにされました(笑)
しかも、こういうめっちゃいいか、めっちゃ悪い場合は、たいてい「どういうPerspectiveでこう交渉したの?」と聞かれる。
悲惨なDealをした私にとっては、半ばつるし上げ(笑)

お題は、映画コンテンツを持っている映画会社(セラー:俺)、とそれを放映するテレビ局(バイヤー:相手のアメリカ人)で、値段はもちろん、どういう支払い期間か、などなど複雑な用件について交渉できめていく感じ。

私のほうも、別にこの交渉で利益はあげているので交渉としては悪くはないのですが、いかんせん向こうの利益額に比べこっちが少なすぎ。。。
(ちなみに、当然むこうがどういう場合にどれくらいの利益をあげるかなんてのは交渉終わるまで不明)

完全に吹っかけにやられたなぁ。。。

この授業、アメリカ人と模擬的な交渉ができるという意味でも面白いし、中国人とかとやるとまたちょっと趣が違って面白い
個人的な印象としては中国人は相手の背景とかよりも、Priceどうするかにすごい集中するって感じ。
まぁ、まだ5回しか授業やってなくて、それで一般化することはできないけど、そういうことを改めて感じれるのは面白いねぇ
[PR]
by rocky-ross | 2012-11-12 22:20 | Class

Final全部しゅーりょー

●Final全部終了です
16時からAccountingの試験を受け、まぁなんとか。

あまりのやる気のなさに、勉強せずに昨日の晩と今日昼で二本の映画を見るという暴挙に出ましたが、まぁ単位は問題ないでしょう。
ちなみに、見た映画は「まだまだあぶない刑事」と「Body guard」。なんでこの二本かに深い意味は全くないです。。。

敢えていうと、ホイットニーが亡くなったのでBody guard、陽気な気分になりたかったのであぶない刑事シリーズというところでしょうか。


Accountingについていうことは。。。まぁ、我々のSectionを担当したProfessorは今年間違いなくクビでしょうってことくらいか。。。
講義もダメ、資料もダメ、練習問題もダメ。全部ダメ。これで2年連続ひどい評価を生徒がつけることになると思うので、おそらくさようなら。

ほんとこれと比べるとStats/Operationって資料はわかりやすいし、教え方自体もうまいし、練習問題やグループワークも考えられてるし、良かったっちゃ良かったなぁ



●ほいで、Accountingから帰ってきて、そのままの勢いでWritingの最終課題もずばっとやって、提出しちゃった。
ということで全部終了~

明日からApring break!!!
[PR]
by rocky-ross | 2012-02-23 19:22 | Class

Operation終了

●OperationのFinal終了。ほんと、朝8時からという試験時間の設定はやめてほしい。。。

Operationは個人的には結構興味ないので、試験勉強はモチベーションの維持が大変でしたね。。。
グループワークとかは楽しいんですが、試験となると「おべんきょ」感満載になってしまうので。

Operationってどんなことをやってるか、イメージを持っていただくために簡単なほんの一例をのせますね

------------------------------------------------------------------------------------------
A社の商品のDemandはNormally distributedで、DemandのMeanは年間2000、Standard deviationは400。商品のUnit costは$40で年間のHolding costはその40%。また、各Orderの時に$1000ドルのShippingコストがかかり、このコストはOrderの大きさに関わらず一定。

そんな状況下において、A社はCycle service level99%を維持したうえでコストを最低限に抑えるためには、一回の注文で何Unit注文し、在庫が何Unitになった時に再び注文するよう設定するのがよいか
-------------------------------------------------------------------------------------------

ちなみにCycle service level99%とは、統計上99%の確率で在庫切れを起こさないようにするために。というのと同義です

まぁ、上記は簡単な質問のひとつですが、要はOperationっていったって、統計の要素がかなり強いわけです。
実際、Quality management、マーケティングとか、トヨタのカンバン方式とかも過去の統計と将来の予測が前提になってるわけで、こういう世界でやっていきたいとなると統計は必須でござんしょう。
ゆえに、Rossでは最初のTermで統計がCoreになっております


で、繰り返しにはなっちゃうけど、こういうのをグループワークでやってるときは実際のケースなんかを元に議論をするので、理論値通りにできないというリアリティがあったりするわけですが、どうもテストとなると、上記のように単なる「字面」感があって、おべんきょって感じ。。。

個人的におべんきょは大嫌い。。。

だから毎回いうてるわけです。「Academicで何か学ぶというよりも、グループワークを通して学んでる」って。
もちろん実際の世界よりもAcademicの方が理論的に進んでる部分もあって、それはそれで耳年増になっときゃいいんだが、やっぱりリアリティも含めてどう落としていくか、海外の人材はどう考えるのか、それをグループワークを通して学ぶわけですな。

さて、明日はAccounting。うーん、Operationと同じく前日まで何も準備しとらんぞ。。。頑張ろう。。。
まぁ所詮Accountingなので、勉強なしでも単位くらい来るだろうと思ってるんだが、今回は試験のケースが事前に配布されてるので、さすがにそれは読んでからいかないと。。。
[PR]
by rocky-ross | 2012-02-22 09:56 | Class

アントレのFinal終わりました

●さてさて、ようやっと終わりましたよアントレのClassのFinalが。
このFinalは、2時間の間に、ケースを読んで、2つの設問に答える。言ってみれば、それだけです。

ケースは事前に配布されず、その場で読む形。International studentsにはきびしー。
文章自体は11ページ+Appendixが9ページくらいのケースで、ソフトウェア系のStart-upの例で、商品Aを今売り始めたが、商品Bを売るという選択肢もある。ただ、同時に二つは資金の制約上売れない。実際のこの業界では3年くらいで10社中7社が倒産する。だから、顧客も信頼感がないようなStart-upの新商品はまず疑いの目で見る。そんな中で商品AはかなりHigh-endで高価格、商品BはちょっとあたらしいくらいのMid-endで下手したら最初の売るときは旧来の商品と同じくらいの値段でうらなあかんかもとも議論されてる
(実際、商品A、Bはもっと具体的なプロダクトで、詳細も説明されてる)

で、1問目は、「商品AとB、どっち売る?理由は?」
2問目は「じゃあ、そのLaunchの成功確率あげるにはどういう手がある?」

という物でした。まぁ、定量/定性的な裏づけも含めて答えろってあるから、Appendixにも目を通さなあかんし、読むだけで大変だったけどね。。。
実際、周りは開始30分くらいでPCに打ち込みはじめてたけど、わしゃ45分くらいかかった。下手したら1時間読むのにかかるかなと思ってたから、まぁ予想よりはましだが、すでにNativeからは15分ビハインド。

でも、結局時間より前に3ページくらいの文章書き終わって提出。
つかれた。。。

さて、明日のOperationの勉強せな。。。
[PR]
by rocky-ross | 2012-02-21 16:10 | Class

SectionとしてのLast class

●Sectionとしての授業も今日で最後となりました

で、オペレーションの授業の休み時間にSection MateのWelsonが歌いだしました
「Section4の仲間でよかったよ~~~~♪」みたいなことを、アメリカのなんかの歌に乗せて、最後のところを替え歌で歌ってました。しかも結構歌うまいし。。。

d0250459_672677.jpg

この後、皆でスタンディングオベーションになります~


この後はMAP、そして2年生からはElectiveのみということで、このSection mate全員と授業を一緒に受ける機会はもうなくなります。
ただ、今後もSectionとしてのPartyなどは継続して行っていくようなので、毎日のように会っていた今までと違い、たまにPartyで会って「よう、最近どうよ」的な感じになると思うので、それはそれで楽しみですね
(まぁ、それまでにも学校歩いてて普通に会うか。。。)
[PR]
by rocky-ross | 2012-02-20 21:05 | Class

来週火曜日からFinalです

●そこで、一言

"我輩はMBA Studentである。Finalの勉強をする気はまだ無い"

ということで今日もバスケしてExerciseやってきました。明日はNBAの試合見てきます
いやぁ、相変わらず中身の無いブログで、俺らしい。
[PR]
by rocky-ross | 2012-02-18 22:12 | Class

アントレの教授が。。。

●今日のアントレの授業は起業の際のFinancingについて。。。のはずだったが、、、
教授が教室に入ってくるなり、机につっぷして、頭かかえて。。。

学生全員、異様な雰囲気を感じて「?」マークが頭上に浮かぶとともに、皆で顔を見合す。
そしていつも教授にFrankにBrent君が、教室入ってきて、「Professor、調子わるいのかい?」と軽いノリでぽんっと肩を触ると、ようやく教授が話し出した。

「I'm not so well...(本当にしばらく間があって)最近、VCのこと含めて色んなことのDeadlineがあったのに加え、そもそもこの時期に体調を崩してたのもあって、頭痛がひどいんだ。。。」

「さぁ、授業をはじめようか。。。今日は、、、Financingの話だな。。。。えーFinancingは○○、、、、と色んな形があるが、まずFamilyからの調達は私は薦めない。。。」
声、かぼそっ。

いつもでかい声で雄弁にしゃべりまくって、学生とのディスカッションも大好きな元気な教授が、、、
下向いて、まるで日本のドラマの「只野仁シリーズ」の係長の時の只野仁みたいな、全く威厳のない、くらーい感じで5分弱しゃべる。

さすがに生徒全員、こりゃ体調わる過ぎそうだから休講にしたほうがいいんじゃないかと顔を見合わせてはいるが、如何せん教授が下向いてしゃべりまくってとめようとしないのでカットインできず。。。

で、5分くらいしてから教授が「ちょっと出てくる。。。」と教室を出た瞬間に、全員で「さすがに今日は休講にしたほうがいいよと教授に打診しよう」と自然な流れ。

ほな、先ほどのBrent君が「よし、ほな、ワシいうてくるわ~」と介抱にむかいがてら、教授とお話。
で、教室入ってくるなり、「Well done~!He is dying...」(教授には休むよう説得して休講になったよ。本当に彼は死にそうだったよ。。。)といい、休講決定。

教授も無理しなくていいのにね。。。
ってか、自分で書いてから思った、、、このくだり、「教授の体調悪くて休講」って書いたらすぐ終わる内容。。。
中身うすっ。。。




●今日も家でNBA見ながら自転車こいでExerciseしとります~
[PR]
by rocky-ross | 2012-02-14 20:19 | Class

Lucas君おめでとう

●マブダチである、陽気なブラジリアンLucas君。
彼が今日2つのインターンを望み通り獲得し、逆にどっちにいくか悩むような事態になった模様。めでたい。

授業が若干始まってたものの、席の周りの皆で「Congratulations!」の嵐と、握手の嵐。
めでたい。
Lucasは電話応対と、喜びで今日の授業は全く聞いてなかったね(笑)



●今日からオペレーションのClassのSimulation課題がスタートしております。
実際の1時間をSimulation上の工場の1日とし、様々なデータを元に、設備投資をするか否か、1回の発注でどの程度部品をOrderするか、リードタイム/在庫のHolding costなどを考え残り在庫がどの程度になったら新たに部品を発注するか、Manufacuturingのタイムスパン/プライス設定のバランスをどうするかなどなど色んな要素を考えた上で、チームごとに変数をいじり、Revenueの最大化を目指します。

当然現時点で不明なデータもあり、これから続く1週間弱の間に、Updateされるデータを見ながらまたチームで議論し、色々な変数を細かく変えていく必要があるわけです。
これがまた、複雑なことに、最適の理論値を出しても、結局それって今そんなキャッシュ持ってないから実現不可能やないか!という項目もあり、チームで喧々諤々の議論が行われます

今回、私は中国人、台湾人と合計4人でチームを組んだため、かなり議論が楽です。
Nativeのどえりゃースピード/Slang含みの英語かつ「どういう背景でそう考えたの???」とたまに思っちゃう感じでなく、だいたい考える背景も一緒でしゃべるスピード/英語レベルもわかりやすいアジア人とでは、負担感が違うね。。。
今回、アジア人だけのチームって初めて組んでみたけど、これはこれで違う感じのグループワークになって面白みあるかも。

特にこういう数字関連のグループワークだと余計にそうかもねぇ。アメリカ人、数字作るのほんと嫌いだし。。。



ちなみに、私達のチームは開始5時間の時点で、Section18チーム中。最下位を走っております(笑)
まぁ、最初にどかっと投資したら、今は悪いわな。さて、最終的にどういう結果になるか楽しみ楽しみ~
[PR]
by rocky-ross | 2012-02-01 23:55 | Class

MAP決定

●本日MAPの割り振りが決定しました。

たくさんStart-upを15個の希望に書いた中で、テーマで選んでいた2,3のEstablished companiesのうちのひとつに決定。
うーむ。決定してから言うのもなんだが、このプログラムを4位ではなく、他のStart-upをもっと上位にしておくべきだったかと今更ながら考えることはある。。。
でも、バイオベンチャーとかでやりたかったかというとそうでもないので、まぁStart-upではないが、興味満々のEnergy Industry関連で良かったかな。

ちなみにテーマは平たく言えばSolar Panelのグローバル戦略立案です。
特にアメリカ以外に出張という話はないプロジェクトですが、工場とか、いざだだっぴろい発電施設を見学するのは楽しそうですな。
詳細は、またMAPが始まってから書ける範囲で書きますわい。

ちなみに、どういうことか、5人のメンバーのうちに日本人のRandyも入っております(笑)
特に日本のマーケットを見ますとか条件になく、121個もプログラムがある中で日本人二人とは珍しい。

まぁ、Randy含めて全員のバックグラウンドはバラバラ(グローバルの政府機関、Army、金融、事業会社、そしてコンサルの俺)で、なんとなく話を聞く限り、良さそうな仲間ばかりみたいなので恵まれたでしょう♪

MAPの開始は3月5日から。楽しみですな。
[PR]
by rocky-ross | 2012-01-24 22:34 | Class