外資系戦略コンサルで5年ちょっと働いた後、社費でRoss(Michigan MBA)に留学した悪ガキによるお気楽日記。もはや自分のための備忘録Blogと化しています。気楽な気分でお読みください


by rocky-ross

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Class
Life in Ann Arbor
MAP
Entrepreneur
他Business
Sports
ワイン造り
旅行
遊び
未分類

以前の記事

2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

フォロー中のブログ

アナーバー日和

外部リンク

メモ帳

最新のトラックバック

今のアメリカ
from Anything Story

最新の記事

終わりと言っておきながら
at 2013-03-28 17:09
本Blogをご覧いただきあり..
at 2013-03-18 18:01
嫁のお買い物+バスケ
at 2013-03-03 22:35
嫁の友人&お子さんいらっしゃる
at 2013-03-02 22:17
WinterA終了~
at 2013-03-01 23:25

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

アメリカでのビジネスにおける大学スポーツの有用性?

●やはりこの一週間の疲れがたまってたのか、今日はよく寝ましたね

食料関係を買い込んだ後、本来はバスケシューズを買いに行き、毎度おなじみ中国人・台湾人のバスケに顔出そうと思ってたんだが、それもお昼寝ですっとばし。。。

MAPチームメートのLucas君(いつものぽっちゃりLucas君とは別の、やせたLucas君。今後”細Lucas"と”ぽっちゃりLucas”で区別)は、昼からワイン飲んで楽しんでたそうです

ちなみに先週のバスケで、大学以来遊びバスケで使ってたバッシュが無残な姿に。。。
アメリカの強力接着剤の力を借りて、だましだまし使ってたが、さすがにもう買い替えの時期に

このように裏の部分がぺろーん、ぶりーん
d0250459_12472541.jpg

d0250459_12474956.jpg


高校くらいからずっと昼休みバスケはやってたが、このバッシュVince Carterモデルの自分の中での2足目。気に入ってたのに。

Carterも今では35歳になり、Dallasにいます。背番号も15ではなく、25。
あの2000年のDunk contestで度肝を抜いた&オリンピックで相手センター飛び越えたような、見るだけで口がぽかーんと開いてしまうようなすごいDunkはもうありませんが、今でも好きな選手のうちの一人です
昔から、ディフェンスはザルですが。。。

個人的にはNBA史上最高のDunkerにはVince carterを推したいところ。
あのDunk contestでの360ウインドミル、股抜きダンクはテレビを見てて、思わず「うおー!!!」って叫んでしまったのを今でも思い出す
d0250459_12595621.jpg


ちなみに、今はJeremy Linの”Linsanity”(名前のLinと、狂気を意味するInsanityを組み合わせた造語)という言葉が有名ですが(最近は。。。ですが)、Carterはルーキーイヤーから”Vincanity”といわれ、オールスターにも7回選出されています




●今週から”March Madness”("3月の狂乱"とでも訳すのかな?)が始まっています

これはバスケットのNCAAトーナメントのことで、いわばバスケの大学全米選手権です。
シーズンのランキングなどをもとに全米64チームが選ばれ、1発勝負のトーナメント戦を行います

日本でいう甲子園みたいなもんだろ。とあなどってはいけません。アメリカでは自分の出身地や母校をすごく大切にします。
MAPで訪問した会社でも、この時期特に大学のポロシャツを着てたり、旗をかざっているのもよく見かけました。また、クライアントのランチやDinnerの時もNCAAトーナメントの話にも何度かなりました。

何度かこのBlogにも”アメリカ人と英語で仕事できるまでまだまだ”という表現を使ってきましたが、これは単純に英語力というだけではなく、こういう文化的なものも踏まえて関係構築まで持っていけるかということも大きいと考えています

皆さんおわかりのとおり、ビジネスは数字だけで決まるものではなく、こういったIce breakingや食事をしながらの話というのも重要な一部分であります
そういう意味で、アメリカにおける大学スポーツというのは知っておくとかなり助かるものでもあります。
日本からアメリカの大学スポーツをフォローするのは正直大変ですが、いざこっちに来てみて、どことどこが伝統的なライバル校なのか、どこの大学がどのスポーツが強いのか、そんなことを知っているだけで最初がかなり楽になります。(アメリカ人は日本人のように最初からビジネス関連の雑談はあまりせず、本当にどうでもいいスポーツとかの雑談から入ることがおおい)


ちなみに、うちのMAPチームのアメリカ人だと、女性のAliceは大学スポーツはまずまず熱狂、Mikeは大好きすぎて今は毎朝会ったらNCAAトーナメントの話しかしない、Stevenはどっちかというとプロスポーツの方が好き。とバラバラですが。
まぁ、Stevenについては、”いやぁ、大学スポーツって選手がすぐ卒業とかで入れ替わって、おっかけるのが大変なんだよね”といってます。でも、実のところはBoston出身でそのあたりに大学スポーツが強い大学がそんなになく、むしろプロスポーツ(Celtics、Patriots、Redsox、Bruins)が伝統がありかつ強いのでそっちが好きなんだと思います

たかが大学スポーツ、されど大学スポーツ。ですよ。
個人的にはこれを避けて、アメリカ人とすっごい仲良くなることはありえないんじゃないかと思ってます
(自分がスポーツ好きなのもあるが。。。)
[PR]
by rocky-ross | 2012-03-17 22:54 | Sports